鹿嶋市H様邸

スキャンディ片流れ&サーフの家 -鹿嶋市 H様邸

「ログハウスを建てられますか?」
当社ショールームへご来訪いただいた際の第一声、印象的で忘れられません。
ログハウスに憧れ、色々なメーカーで話を聞いて体感し、木の家にこだわりたいご夫婦が選んだスキャンディホーム。
外観は片流れ屋根のサーファーズハウス、内装は北欧ログハウス風の家となりました。

間取り
4LDK+ロフト+S
敷地面積
395.19㎡(119.75坪)
延床面積
135.40㎡(41坪)
家族構成
ご夫婦+お子様(二人)
こだわりのサーファーズハウス

こだわりのサーファーズハウスは、木の窓、木のドア、オール木の外壁、北欧スタイルとの融合住宅。
外壁は長野県安曇野の信州カラマツ材を工場塗装したこだわりの材料を使用しました。色はブルーグレーをメインに、フィンランド工場で塗装した木の窓とドアをはじめ、柱、梁、軒天井、デッキ手摺をホワイトにしました。
太陽の向きによって色が変化したように見えるなんとも素敵な外装です。
ウッドデッキをたっぷり取り、お外で遊んできたお子様たち、サーフィンを終えたご主人がすぐにシャワーを浴びられるようお風呂への導線だけでなく、奥様のお洗濯後の家事導線も考慮しました。
これからのデッキライフがとても楽しみなスペースです。

無駄のない収納スペース

無駄のない収納スペースは、使用目的に応じ対応出来るようにライフスタイルをお聞きしながら一緒に考えご提案いたしました。
キッチンを中心にしたリビングのポイントは、全てを隠せてしまう扉。
お客様がきたら冷蔵庫でさえも隠してスッキリ収納可能です。
またウッドワンのフレームキッチンもH様邸のポイントの一つ。ご夫婦、お子様も家族みんなでお料理する事が奥様の希望。アイランド型のキッチンを採用しました。

大きな木製引分け戸

リビングには重さ286kgもある大きな木製引分け戸。気密性、遮熱性、遮音性に優れたトリプルガラスを採用、大きな窓からの日差しが暖かくとても気持ちが良いです。
屋根勾配が緩いため押し開きタイプの天窓に。網戸は標準装備、ソーラーバッテリー内蔵のリモコンタイプの遮光シェードを採用しました。
天窓から入る日差しは、昼はお部屋の灯として、夜は星空が見えたり、冬は雪が見えたり…と四季や時間によって移り変わる様々な空を見ることができます。

オーナー様の声

木の家を自由設計で作りたかった

木の家を自由設計で作りたかった

あるログハウスメーカーをネストさんで取り扱っていることを知り問い合わせたのがきっかけでした。
もともと木に囲まれた空間というか、自然な家が気になっていたので住宅展示場によくある家には全く惹かれず。ログハウスメーカーさんだと収納や間取りに納得出来ず…。そんな時にネストさんと出会い、木のおうちがログ以外で実現出来るんだということを知り、自由設計で木の家を作ろうと思いました。
また、市原さんの人柄に引かれた部分も大きかったです。
縁を大切にした家づくりと、家は永く住むものでこの先ずっと長いお付き合いをしていただけるという部分で、最終的にネストさんに決めました。

とにかく”木”にこだわった

とにかく”木”にこだわった

外壁も内装もすべて”木”にこだわりました。
ここは違う部材、ここは木、ということではなくとにかくすべて”木”に統一したかったんです。キッチンも木にこだわって選びました。普通のキッチンでもいいかな、と思ったけどやっぱりオール”木”で!これが一番のこだわりです。
イメージはサーファーズハウス。ウッドデッキを広く取ってもらいました。
サーフボードを置けるスペースはもちろんのこと、海から戻った後や子供が土で遊んだ後に外を通ってすぐにお風呂に入れるような導線や間取りにはこだわって作りました。
他にもこだわった部分はたくさんあって一つには絞れないんですが…。
その部屋に応じた収納をたっぷり作れたのもこだわり。子供達が遊べるグルニエ、扉を閉めたら一つの空間になるキッチンもこだわりです。

家族との時間を大事にしたいから

家族との時間を大事にしたいから

リビングを真ん中にしたのは、家族との時間を大事に共有したいと思っていたからです。帰ってきた家族が必ずリビングを通って2階に上がるイメージですね。
音楽を聴きながら料理をしたかったのでスピーカーを設置して、みんなで料理ができるアイランドキッチンに。キッチンを中心に家族が集まれる空間になりました。
収納もたっぷり取って、お客様がきたら冷蔵庫も隠せてしまいます。
スピーカーに関しては、市原さんに相談したところ早速次の打ち合わせにダウンライトスピーカーを提案していただきました。ダウンライトとの一体型で、埃をかぶることもないし、本当に設置してよかったと思っています。
これからこのリビングで家族と一緒に過ごす時間を多くとっていきたいです。

市原さんは普通の営業さんとはちょっと違う...

市原さんは普通の営業さんとはちょっと違う...

自分たちは素人なのでプロである市原さんにわからないことはなんでも聞きました。
私たちの質問に対してなんでも答えてくれて、いつでも強要することなく、私たちが考えていることを理解したうえで提案やアドバイスをしていただきました。いろんな要望にも答えてくださって、変更などにも対応いただいて、とにかくおうちづくりに親身になって携わってくれました。
12月12日が最初にお会いした日なんですが、市原さんはそういう記念日を覚えててくれるんですよ(笑)。
市原さんは普通の営業さんのような線引きが無いというか...もはや家族とか友人とかのような存在です。

これから家づくりをする方に向けて

これから家づくりをする方に向けて

家族や友達、実際に建てた方の家に遊びに行ってみて、気になったことを聞いたりした上で、よく考えて決めたほうがいいよって伝えたいですね。
最終的には好みで決めるんでしょうけど、選択肢は色々あるので、家族で話し合う時間を多く作って色んな角度から見て、自分の想いを相手にちゃんと伝え、お互いに納得して作って欲しいですね。

代表の写真

当社に初めてご来場した際の滞在時間。なんと3時間!
家づくりへのこだわり、ログハウスへの憧れ、木の家への想いなど熱く熱く語ってくださいました。
そんなH様に自由設計で建てられるスキャンディホームで創る木の家をご提案。全てにおいてお客様の要望と合致したご様子で、お帰りの際には奥様より「明日から建て始めてください」と!当社にとって大変嬉しい一言を頂戴しました。
これには私もびっくり。一生忘れられない出来事となりました。
  これから趣味のサーフィンを再開されるご主人、ご家族との時間を沢山作りたいと仰っていた奥様、これからが本当に楽しみですね。ご家族のこだわりを形にするお手伝いを出来て大変嬉しいです。
今後とも末長くよろしくお願いいたします。

トップへ

TOP