水戸市S様邸の屋根付き土間デッキを担当いたしました。

庭を楽しめる、勝手口からつながる土間デッキをご提案

Before

S様邸は、某ハウスビルダー様にて建築された、南側にウッドデッキがある立派な一戸建て。
大変日当たりの良いお宅で、東側も日差しが強く困っているとご相談がありましたので、東側外壁に屋根付き土間デッキをご提案させていただきました。

母屋の外壁の一部をくりぬき、キッチン勝手口から南側のウッドデッキまで雨にぬれずに回廊することが出来るように、また、土間の高さをもともとあった勝手口のステップの1段目まで土間をかさ上げ。
たった30cmですが、見事に見晴らしが良くなり、お庭を見渡せるようになりました。

外壁のガルバリウム鋼板と同じ素材を屋根に使用したので、後付けのような違和感もなく仕上がりました。

お客様の声

我が家の南東側の窓は、日に照らされる時間が長く、また、庭に面しているので、日除けになって景観を遮らないものを取付けたいと考えていました。
我が家の窓は、庇が無い縦すべり窓です。これまでは、シェードやよしずを日除けに使ったり、自作のパーゴラを庇代わりにしていましたが、あまり外観にそぐわず、満足の行かないものだったんです。

今回、提案頂いた『屋根付き土間デッキ』の完成で家と一体感のある屋根が付き、重厚な木製の土間デッキのおかげで、これまでの問題が解決しました。
さらに、当初から『ちょっとした物を置ける土間スペース』『雨でも洗濯物が干せるスペース』の用途は考えていましたが、せっかくのきれいな『屋根付き土間デッキ』なので、庭での寛ぎスペースやDIY作業場など、自宅の庭で楽しむ事が増えると思っています。

施工事例

ネストへのお問い合わせ・ご相談はこちら

北欧の家・ログハウスの新築やリフォームについて、お気軽にご相談ください。

株式会社ネスト / スキャンDホーム茨城