ログハウスの診療所を訪れて – 千葉県佐倉市もくりん舎

ログハウス大好き市原(ichi.log)です(^^)/
今回は5月29日に、訪問させて頂いた物件のご紹介です。
ログハウス、北欧住宅をメインに建築されている千葉県佐倉市に所在の株式会社もくりん舎さんです。

代表取締役社長の松本社長との出会いは、私がログハウス業界に入って一番最初に勤めていた世界のログメーカーH社の日本本社在籍中に東京の販売店さんの担当をされていたのがご縁。再開を果たした場所は、国内ではNo1のログハウスメーカーB社に在籍してた頃の現場でした(^_^)
(私の事はまた、次の機会にお話をしますね)
さて今回は、千葉県千葉市に完成されたログハウスです

ログ部材は北欧フィンランドのランタサルミ社。
北欧の厳しい気候で育ったフィンランド産パイン材を使用したラミネートログの角ログは134mm厚(LM134)を採用されています。

オーナー様は13年前に、自宅をログハウスにて建築されたお医者様です。
人生最後の医療はログハウスでの診療をしたいとの熱い思いから、5年前にもくりん舎の松本社長へと相談がきっかけだそう。念願かなっての完成です。ここで多くの患者様の診察が始まります。

建設地は、千葉市の中心部周りはすべて高層ビル、官公庁の建物に囲まれている中に非常に目立つログハウスは2階建てアイボリーの外壁に真っ白な木の窓、化粧の窓枠は青。
とても洗礼されて来院される方を暖かく優しい雰囲気で迎え入れてくれる安心さを感じさせる外観です。

外構工事が完成するといよいよオープンの事でしょう。
ログハウスの中で仕事が出来るなんて、夢の様ですが、先生や患者様が木のぬくもり、木の香りの中での診察、診療とても癒される空間になると思います。

撮影協力 株式会社 もくりん舎
撮影場所 いそむら内科様 新築工事
撮影場所 千葉県千葉市中央区中央4丁目

by ichi.log

ネストへのお問い合わせ・ご相談はこちら

北欧の家・ログハウスの新築やリフォームについて、お気軽にご相談ください。

株式会社ネスト / スキャンDホーム茨城