北欧フィンランドからやってきた木の窓、木の玄関

ログハウスに出会ったのは、20歳の頃でした。
その頃はまさか、自分でログハウスの会社を立ち上げることなど思いもせずに今思えば、それも私が思う「縁」なのでしょう。
当社は、北欧ログハウス、北欧スタイルの家への思いを皆様にお伝えしながら作り上げていく会社です。

これから、北欧ログハウス、北欧スタイルの家への想いや良さについて、少しずつブログに書いて行こうと思います。
まず今回は、フィンランド製の外部建具のお話です。

フィンランドは、皆様もご存知かと思いますが、とても寒い国です。
建物は、断熱性に優れており冬は暖かく、夏は過ごしやすいです。

外はとても寒いのに建物の中は暖かい、夏も過ごしやすいとはどういうことかというと、建物で一番弱い部分とされている外部に面する窓やドアの性能がとても良いのです。

フィンランドのドアは断熱性に優れているので冬の室内の暖かさを外へ逃がさず夏の暑さを遮ります。
また、遮音性についても室内はもちろん外の音を遮る性能が優れています。

窓や玄関ドアは、すべて木で出来ており、フィンランドの工場で、北欧パイン材を使い一つ一つ丁寧に手作りで製作しています。
その手作りの想いや気持ちが入っているのでさらに、暖かみが増していきます。

更に、窓やドアには工場での塗装が可能となっており、ドイツのカラー色(RALカラー)213色の中からオーナー様に選んで頂けるのです。
ドアと窓に目立つビビッドなカラーを配置し、家のポイントにするオーナー様も多いんですよ。
初めていらっしゃるお客様に『オレンジのドアの家だよ』なんてお伝えできたらわかりやすい!^^

ドレーキップ式の窓

窓、ドアはすべて木の三枚構造、ガラスはトリプルガラス(Uw=0.87)を採用。
日の光の熱を遮熱する効果はもちろん、熱を逃がさず、冬の結露もしないのです。ガラスについてはペアガラスもご用意がありますので、地域によって選定することが出来ます。
開閉については、木の窓の機構は、ドレーキップ式です。ドレーキップ式の窓と、聞きなれない方もいらっしゃるかもしれませんが、内開き、内倒しのツーアクションで開く窓の事。網戸が外部に設置されているので、窓を開けても虫は入りにくい仕様です。

玄関ドアはレバーハンドルですが、施錠の際に一度ハンドルを上に持ち上げ出錠をロックしてから鍵をかけるような複雑な機構となっているため、防犯にも優れています。当然ながら鍵はフィンランド製、スペアキーもフィンランドへ注文となるので、なくさないようにオーナー様にはお伝えしています!^^;

以上、

今回は北欧の木の窓、ドアについてお話しました。
北欧の家というと、木の窓、ドアがやっぱり特徴的ですし、私自身も最もお伝えしたい事でもあります。
このドアと窓に惹かれてスキャンDホームにした、というオーナー様も多いのです。

フィンランドからやってくるこの木の窓とドア、見た目が素敵というだけじゃなく機能性に優れているんだ!という事、ちゃんと伝わったでしょうか。

兎にも角にも、完成した北欧スタイルの家、スキャンDホームを体感して頂けるのが一番早いと思います!
予約制のオープンハウス、宿泊体験も募集中ですのでお気軽にお問い合わせください。

ネストへのお問い合わせ・ご相談はこちら

北欧の家・ログハウスの新築やリフォームについて、お気軽にご相談ください。

株式会社ネスト / スキャンDホーム茨城

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です